2006年11月01日

色彩デザイン 3 〜色の混色とカラーシステム〜

建築の世界でのカラーシステムは、マンセル表色系なんだよ。
ほとんどの現場や事務所では(社)日本塗料工業会の

塗料用標準色見本帳の色票を使っているんだよ。
インターネットでもペイントカラー検索システムというのがあって

デジタル色票同士の比較や、おおまかな色の目安を得るためなど、
参考として使っています。

ここ↓↓
http://www.toryo.or.jp/

ただし、印刷したデジタル色票は色見本として利用できません。
現場では、ゼネコンさんや塗装会社にマンセル値で打ち合わせを

するのですが、最後は塗装見本をつくってもらったり
実際に塗装しながらチェックするということをしています。

そして色彩デザインの3回目の課題はこれ。

→→http://design-university.blogspot.com/2009/11/blog-post_5790.html

絵の具の混色なんて、小学校以来かしら・・・。


テキストはこれ




本格的に学びたい方はこちら↓↓

インフォカートタイトル 
これでデザイン能力を磨け!!あなたはいつまでそんなデザイン
ワークを続けるのだ?!IT時代のデザインの仕方はこれだ!!





ラベル:色彩 デザイン
posted by 長四角子 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 色彩デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。