2006年11月03日

色彩デザイン 5 〜色彩調和の原理〜

2色以上の色を組み合わせること、またその組み
合わせ具合を配色といい、最上の配色効果の形式を

色彩調和(Color Harmony)というそうです。

過去、多くの科学者、美術教育者、画家達が色彩調和論を
発表しているんですって。

そこには、単に主観的な観察結果を断片的に記述したものから、
美しさの度合いを求める計算式を導入した調和論まで、

様々な考え方や試みが展開されているそうです。

アメリカの色彩学者ジャッドは、過去の色彩調和に関する
文献を整理し、一般的に認めることのできる色彩調和の要因を

4種類にまとめ、これを色彩調和の原理として報告しています。
(1955年)

その4種類がこれ、

1、秩序性の原理

2、類似の原理
  
3、明瞭性の原理

4、親近性の原理(なじみの原理)

これが、一般的に認めることが出来る要因だって・・・。
私が良いと思った色の組み合わせはが一般的になるのには・・・?

それよりも、建物の色決めもなかなか決まらない。
しゃあない、勉強、勉強。

そして色彩デザインの5回目の課題はこれ。

→→http://design-university.blogspot.com/2009/11/blog-post_7697.html


今回の建物の色は、まずクライアントへのプレゼンは
簡単なところで「親近性の原理」で持っていこうかしら・・・。。


テキストはこれ




本格的に学びたい方はこちら↓↓

インフォカートタイトル 
これでデザイン能力を磨け!!あなたはいつまでそんなデザイン
ワークを続けるのだ?!IT時代のデザインの仕方はこれだ!!





ラベル:色彩 デザイン
posted by 長四角子 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 色彩デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。