2006年12月17日

グラフィックデザイン概論  〜グラフィックデザインとは〜 

もう、ただのサラリーマンであったとしても、OLであったとしても
今の時代は、ある程度のグラフィックデザインのことが理解でき、

レポートやプレゼンの資料なりを作って行かなければなりません。
そういう時代なのですね。

どんなジャンルでも、その鉱脈を徹底して掘り下げれば
他に通じるものであるんですって。

何か、私も今までデザインなんて出来ないものと決めてかかっていた
ところがありました。

私には関係ないことだと、ちょっと無関心を続けていました。
こんなふうに誰でも大人になると自分の生活の直接関係する

テーマにしか関心をもたなくなる人が多いようです。
その閉塞した意識はどんどんと無関心という壁を厚くしていくそうです。

心の中に、無関心という壁が出来てしまうと、新しい発想やユニークな
考え方をするのが難しくなってしまうそうです。

なんか、このE−Bookでモノつくり関係のデザインの作品や
サイトなりを700近くナビゲーションしてもらって、

デザインの基礎という元が、分り易く頭の中に入ってきたし
すべてのサイトがグラフィックデザインの勉強サイトだったわけです。

必然と関心先がどんどん広がって、デザインすることに
ものすごい興味が出てきました。

まだ、続くんだけどなぜか全てのデザインジャンルを究めて
みたくなってしまいました。

なんか、ファッションデザインも出来そうな気がしてきた・・・。

そして各デザインジャンルの5回目の課題はこれ。

グラフィックデザイン概論

→→http://design-university.blogspot.com/2010/06/blog-post.html 



テキストはこれ




本格的に学びたい方はこちら↓↓

インフォカートタイトル 
これでデザイン能力を磨け!!あなたはいつまでそんなデザイン
ワークを続けるのだ?!IT時代のデザインの仕方はこれだ!!






posted by 長四角子 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 各デザインジャンル概論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

プロダクトデザイン概論  〜プロダクトデザインとは〜 

いま、社会にはデザインされたプロダクト製品が溢れています。
建築もそうなのですが、デザインとエンジ二アリングという技術は

隣同士の関係で基本的に共同作業であり、技術の進展度や商品の
成熟度などにより異なるが、メカニズム、性能の確保などは技術者が、

一方、商品と使用者との関係はデザイナーが担当し、まとめあげて
いくことが多いのです。

今日、情報工学の進歩があまりにも目まぐるしく、その人間的リズムに
ギャップが起こり一時的にも不安定な状況をきたしている。

これはかつての機械時代の技術の台頭時と同様であり、その技術と
人間をヒューマンなかたちでつなぐ役割を、デザインが負うと
されています。

近年の建築物も、IT技術が駆使しながら設計などもされ、造られる
建物もインテリジェントビルなどという10年後、20年後の

技術の進歩を捉えながらデザインしていかねばならないと、
うちの所長が申しております。

確固たるデザイン哲学のもと、作り手と使い手が対話を積み重ね、
生活像や思想の表現を託しながらモノ作りをしていかねばならない、
 
んだって・・・。
実は、うちの建築事務所もプロダクトっぽいことをしてるんだよ。



そして各デザインジャンルの4回目の課題はこれ。

プロダクトデザイン概論

→→http://design-university.blogspot.com/2011/09/blog-post.html 



テキストはこれ




本格的に学びたい方はこちら↓↓

インフォカートタイトル 
これでデザイン能力を磨け!!あなたはいつまでそんなデザイン
ワークを続けるのだ?!IT時代のデザインの仕方はこれだ!!





posted by 長四角子 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 各デザインジャンル概論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。