2006年10月30日

色彩デザイン 2 〜色知覚の生理と心理〜

今回も、いろんなHPを参考にしながら勉強しました。
色の問題はデザインの分野だけではないため、本当にたくさんの

文献なり、参考資料というものがあるんだということが分かった。 

そんななかで、様々なデザイン分野で色彩の効果を最大限に
生かした計画を実施する場合は、使用される状況を事前に

把握することが重要だって。
なぜならば、色の見えは照明光や物質表面の特性によって

左右されたり、さらに見る人の視覚特性よっても異なるからだと
いうことです。

本当に、建築なんかでは太陽の当たる南側と太陽光線があたらない
北側などで、同じ色でも違った色に見えたりするんだよ。

ここで扱う、光、ものの色、色覚は視覚表現の大前提であって、
具体的な色の見えを予測した色彩選定を行うための基礎知識ですって。

本当に、色を選ぶって言うことは悩むことだけど、基礎知識を
つかんでおくことは少し自信につながるかも。


そして色彩デザインの2回目の課題はこれ。

→→http://design-university.blogspot.com/2009/11/blog-post_11.html

虹も日本では7色だけど、世界各国で言われている数が
違うんだって! 驚きです。


テキストはこれ




本格的に学びたい方はこちら↓↓

インフォカートタイトル 
これでデザイン能力を磨け!!あなたはいつまでそんなデザイン
ワークを続けるのだ?!IT時代のデザインの仕方はこれだ!!





ラベル:デザイン 色彩 
posted by 長四角子 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 色彩デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。