2006年11月02日

色彩デザイン 4 〜色の知覚的効果〜

色には目を引き付けやすい色と、そうでない色があるが、
このような色の性質を「誘目性」というんだって・・・。

人の目を引き付ける目立つ色を誘目性の高い色というそうです。
一般的に、明度段階では高明度、彩度段階では高彩度の色が、

また色相では赤、オレンジ、黄などの暖色系が誘目性の高い色とされ、
危険を知らせる表示や看板、工業製品の重要なスイッチなどに

使用されているということです。

工事現場の安全標識も、これを使っていると思うのだけど
どうかしら・・・。

ここ↓↓
http://www.unit-signs.co.jp/katarogu/sh/04-33_01.jpg

そして色彩デザインの4回目の課題はこれ。

→→http://design-university.blogspot.com/2009/11/blog-post_2214.html


私の作業服もオレンジ色にしてみようかしら・・・。


テキストはこれ




本格的に学びたい方はこちら↓↓

インフォカートタイトル 
これでデザイン能力を磨け!!あなたはいつまでそんなデザイン
ワークを続けるのだ?!IT時代のデザインの仕方はこれだ!!




ラベル:色彩 デザイン
posted by 長四角子 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 色彩デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。