2006年11月05日

プレゼンテーション 1 〜プレゼンテーション用語〜

ビジネス社会はもちろんのこと、いまは中学生や小学生まで
プレゼンテーションを学んでいるとか・・・。

とくに私の今の仕事のような建築の現場事務所では、
自分の考えを明確に示す事が求められています。

これまでの日本人の得意であった以心伝心的で、
あいまいな相互理解は過去のものとなり、

これからは、どのような場合においても「自分はこうしたい」
という積極的な自己評価=プレゼンテーションの姿勢が必須と

みなされるということなのである。
だって、建築の現場はスケジュールがきついから

「ここの設計は細かくはこうだ」っていうことを、次から次へと
表現していかないと、もう職人さんたちに怒られちゃうんだから・・。

社内外の考え方が異なる人たちに向けて情報を伝達し説得する力。
これは、もうどのような仕事に就いたとしても、求められる

ことなのである。

そしてプレゼンテーションの1回目の課題はこれ。

→→http://design-university.blogspot.com/2009/12/blog-post.html

もう、終ったコンペなのですが「コクヨ デザインアワード2006」
ふーん、「建築デザインの素」っていうふりかけみたいのを

考えてみようかしら・・・。


テキストはこれ




本格的に学びたい方はこちら↓↓

インフォカートタイトル 
これでデザイン能力を磨け!!あなたはいつまでそんなデザイン
ワークを続けるのだ?!IT時代のデザインの仕方はこれだ!!





posted by 長四角子 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | プレゼンテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。