2006年11月11日

プレゼンテーション 4 〜プレゼンテーション発表〜

建築の仕事は、大きなお金が動くし失敗も許されないから
いろんなプレゼンテーション資料を作成します。

よく、うちの所長達は建築におけるプレゼンテーションの目的を
「経済的、空間的、時間的に制約された条件下のなかで

そのプロジェクトを、その建築にかかわる人達すべてに伝え、
理解してもらうことである」って言っています。

最初は、どういうものを造ろうとしているかの「イメージの伝達」、
それから、だんだんと現場サイドでは具体的な「指示文書」までも

プレゼンテーションだと言っています。
CADである施工図(実際にこう造りなさいという指示図面)も

職人さんたちに対するプレゼンテーションですって。
そして、そこにはプロジェクトの「事実」「価値」「質感」などを、

最後は自分の言葉ででもプレゼンしなくちゃいけないと
よく教えられます。

そう考えると、建築だけではなくビジネスとか人生というものが
すべて、プレゼンテーションなんじゃないかなあ〜と

そう考えてしまいました。

そしてプレゼンテーションの4回目の課題はこれ。

→→http://design-university.blogspot.com/2009/12/blog-post_1923.html

現場の職人さんたちを集めて、私の作品を発表したんだけど・・・。
みんな、忙しいから「後で、ゆっくり聞くから・・・」だって。

よーし、ギャフンと言わせてやるぞ〜。



テキストはこれ




本格的に学びたい方はこちら↓↓

インフォカートタイトル 
これでデザイン能力を磨け!!あなたはいつまでそんなデザイン
ワークを続けるのだ?!IT時代のデザインの仕方はこれだ!!





posted by 長四角子 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | プレゼンテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。