2006年11月14日

プレゼンテーション 5 〜情報をデザインする〜

私は建築CADをいままでやっていたのですが、
このコンピューターの技術は年々進んできていて、いろんな機能が
どんどん付加されていっています。

2Dの分野だけではなく3Dの分野もそして、CGや動画まで含めて
設計からプレゼンテーションまで、いろんな情報メディアを駆使しながら

ビジネスが行なわれております。
いまや建築デザインの業務にはこの情報メディアがないと
機能しなくなっている感すらあります。

図面を北海道から東京へ、建築パースを東京から香港へなどということは
当たり前の時代ですし、文書一つ取ってみても企画書、提案書などもPDF

ファイルで世界中どこへでも飛んでいってしまう時代の真っ只中なのです。

本当に建築CADだけでいいといっていたら、先輩たちの言うとおり
この社会では、生き残れないかもしれないな感じました。

今最も新しいツールを駆使した、またはそれらを活用したデザイナーなり
クリエイターが求められているんだと思いました。

本当に、次から次へといろんなツールが世に出されるから、
覚えるのも大変だけどこれは、私たちが取り組んでいかないといけない

ことなんだとそう思います。

そしてプレゼンテーションの5回目の課題はこれ。

→→http://design-university.blogspot.com/2009/12/blog-post_5657.html

出来ました。
アナログで仕上げたんだけど、我ながら良く出来たと思います。
そしたら、所長が今香港にいるんだけど「すぐメールで送れ!!」だって。

折り返し赤鉛筆で一杯書き込みがされてありました・・・・。
「日本語も漢字も勉強しろだって・・・・」 ショック!!



テキストはこれ




本格的に学びたい方はこちら↓↓

インフォカートタイトル 
これでデザイン能力を磨け!!あなたはいつまでそんなデザイン
ワークを続けるのだ?!IT時代のデザインの仕方はこれだ!!




posted by 長四角子 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | プレゼンテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。